ホワイトニングの種類

審美歯科で行われているホワイトニングには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングという2種類の治療法があります。どちらにもそれぞれメリットとデメリットがあるので紹介します。

歯科医師審美歯科に通院しながら治療を行う方法をオフィスホワイトニングといいます。オフィスホワイトニングでは、1~数回の通院が必要にはなりますが、歯科医師の管理下で治療が行われます。主な治療法は、歯の表面に薬剤を塗り、レーザーや光を当てます。中にはレーザーや光を当てなくてもよい治療法もあります。濃度の高い薬剤を使うため、個人差はあるものの1度の施術でも効果が見られるので、すぐに結果を出したいという人にお勧めです。その一方で、歯が薄い人や亀裂がある場合は薬剤がしみたり痛みが出ることもあります。また、その後再び着色するまでの期間が早いという声も聞かれます。

自宅で行うことができるホワイトニングをホームホワイトニングといいます。1人1人の歯の形に合わせたマウスピースを作り、そこにホワイトニングジェルを流して歯に装着します。ホームホワイトニングではオフィスホワイトニングで使用される薬剤よりも濃度の薄いものが使われるので、知覚過敏などの影響が出にくいといわれます。その代わり効果が出るまでに時間がかかるのがデメリットです。

参考サイト・・・ホワイトニング治療_湘南歯科クリニック大阪心斎橋院


関連記事

  1. 審美歯科でするホワイトニング
  2. 歯磨き粉との違い
  3. 審美歯科のメリット